キャンペーン
お問い合わせはこちら 辰巳建装の塗装 おすすめプランのご紹介

北九州市
小倉北区 小倉南区 門司区
八幡東区 八幡西区 若松区 戸畑区

福岡市
中央区 博多区 早良区
西区 東区 城南区 南区

福岡市近郊
糟屋郡・古賀市・宗像市・福津市・飯塚市・
前原市・春日市・大野城市・筑紫野市・太宰府市

福岡県その他
朝倉市・うきは市・大川市・大牟田市・小郡市・
嘉麻市・久留米市・田川市・筑後市・中間市・
直方市・宮市・柳川市・八女市・行橋市・
豊前市・鞍手郡・遠賀郡・嘉穂郡・京都郡・
八女郡・糸島郡
qrcode.jpg

建設業の許可.JPGのサムネール画像 採用募集

HOME > 辰巳建装の施工日記 > アーカイブ > 2016年8月アーカイブ

辰巳建装の施工日記 2016年8月アーカイブ

2016年 8月 北九州市八幡西区 Y様邸 屋根・外壁塗装

先日無事施工完了させて頂きました

Y様邸をご紹介します。

 

こちらが施工前の写真です。

1.jpg

 

 

遠くから見ると 「なんで塗り直すの?」 という印象ですよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもよく見ると ところどころ傷みが見えます。

Y2.jpg

 

 

こういう雨シミが 出ていることがよくありますが、

放っておくとその見た目以上に 家にダメージを与えてしまいます。

 

 

特にこういったサビが 滲み出てきてるような状態は

私たち塗装屋がポテンシャルを 発揮するってご存知でしたか?

 

私たちは「塗装」という手段(ツール)を使って 「家を守る」という使命があります。

 

例えば船。

船に乗るとペンキの匂いがしたり 何重にもペンキが分厚く塗ってあります。

実はそれも、強い塩分濃度の 海水の浸食から船を守っているのです。

 

いわゆる「防水」の役割を担ってるんです。

その役割を担うのは 単に塗料だけではありません。

 

 

ここで辰巳建装が日頃使っている

武器があります!

 

それがこちら

Y3.jpg

 

 

これはシーリング材といって、おうちの中ではよくお風呂場の窓枠に水が漏れ出さないように貼られているシリコンです。

 

これは外壁では、壁の継ぎ目や金属の隙間などに塗布していきます。

 

 

でも、このシーリング材の耐久年数はピンキリなんです。

 

シリコンは10年もすれば 硬くなってひび割れてしまう 「硬化不良」という現象が起こります。

そうなるとひび割れから 雨水などが入り込んで 家自体にダメージを与えるのです。

 

 

高いものの耐久年数は長いですが、 その分お客様のご負担が多くなります。

 

それでは意味がありません!

辰巳建装では価格と耐久年数の バランスを考え抜いて、一番コスパの高い シーリング材を使用しています。

 

 

このシーリング材なら、長期間高い伸縮性を保つので耐久年数が長いんです!

ということは家にダメージを与えるリスクも減らすことができます。

 

これを職人が隙間無く塗っていきます。

Y4.jpg Y5.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん全体の印象を左右する壁面の塗装も丁寧に仕上げていきますね。

Y6.jpg Y7.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フッ素を超える無機塗料タテイルで塗装しました。 !!

 

y8.jpg P8080059.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施工後のY様邸がこちらです!!

 

  y10.jpg y9.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

y11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギャラリー.jpg

 

光の向きで印象の変わるネイビーカラーで風格のある落ち着いたイメージも与えてくれますね。

 

 

料理もそうですが良い材料を使って一流の料理人が手がけると最高のものが仕上がるのと同じで、私たちの仕事も単に見た目の鮮やかさでなく、細かいところもしっかりと、職人一同日々「最高」を目指しています。

 

それは、愛するご自宅を長く守っていきたいという施主様の想いをしっかりと受け止めたいからです。

 

 

いかがでしたか?

塗装屋さんが「家を守る」という理由、おわかり頂けましたか?

 

屋根・外壁塗装は辰巳建装(株)へのご相談・お問い合わせはこちらまで

Tel. フリーダイヤル:0800-222-1098 (午前8:30~午後8:00)

ホームページ:http://www.tatsumi-tosou.jp


1

« 2016年7月 | メインページ | アーカイブ | 2016年12月 »

このページのトップへ